任意売却と競売 二つの売却の違い

任意売却と競売 二つの売却の違い

HOME >>  任意売却について > 任意売却を選択しなかった場合

任意売却を選択しなかった場合

住宅ローンの支払いが滞ると、支払いの督促状が届きます。一か月程度なら特に問題ありませんが、もしも滞納が続けば、債権者側はローンの回収が可能かどうかの診断にかかります。

 

もしもこの時点で任意売却を選択すれば、相場と同じくらいの値段で住宅を売却でき、再スタートを有利な条件で始めることができます。

 

しかし、決断を先送りにして、任意売却を選択しなかった場合には、条件は不利になります。ローンの支払いが不可能だと判断されると、住んでいる住宅は競売にかけられます。

 

競売では相場の値段よりも安い価格で売却されてしまいます。その為、ローンの残債を売却益で賄うことができず、残債を多く残してしまう可能性があります。

 

しかも、売却先が決まれば、こちらの都合に関係なく、住んでいた家を追い出されてしまいます。代わりに住むところがあればいいのですが、ないのであれば、物件を探さなければいけませんし、引っ越しにも初期費用がかかります。

 

非常に不安定な状態で家を追い出されることも珍しくありません。そうならないためにも、任意売却で先手を取ることが家族を守ることになります。