任意売却と競売 二つの売却の違い

任意売却と競売 二つの売却の違い

HOME >>  任意売却について > 最近増えてきた任意売却のきっかけ

最近増えてきた任意売却のきっかけ

任意売却とは、住宅ローンの支払いが困難な場合に、残債の支払いのために住宅を売却する手続きです。
 c490750eeefcb545fc39175cf7209c9c_m
 

例えば、リストラや収入減によって支払いが困難になると、任意売却をすることになる家庭もあります。収入は任意売却のきっかけの一つですが、これ以外にもきっかけはあります。

 

最近増えてきたのは、離婚をきっかけとした住宅ローンの支払いの滞納です。現在は離婚率が高く、雇用も不安定です。

 

例えば、離婚後に養育費と住宅ローンの両方を支払うことが困難になるケースがあります。離婚により、購入した住宅が広すぎるとしても、抵当権は債権者側にあるため、自分では住宅を売却することができません。
 

住宅の売却方法

 

その為住宅ローンの支払いのために無理な負担を続けることになります。しかし、もし離婚で住宅ローンの残債が残っていても、任意売却の手続きをとれば住宅の売却は可能です。

 

また、離婚後に住んでいた住宅のローンは元の夫が支払うことになっているケースがあります。この場合に、元の夫がローンを滞納してしまうと、差し押さえをされる可能性があります。

 

こういった場合にも専門家に相談した方がよいでしょう。