任意売却と競売 二つの売却の違い

任意売却と競売 二つの売却の違い

HOME >>  任意売却について > 任意売却で所有者の同意を得るために

任意売却で所有者の同意を得るために

76bea864eb7b74babd21ad116b1690b7_s
任意売却は、抵当に入った不動産を競売で処分して現金を得ることよりも、早期かつ高額で売却できることから、抵当権者及び債務者双方にとって便利になっています。

 

しかし、抵当不動産を任意売却しようとする場合、その不動産の処分権限を有しているのは住宅所有者ですので、その協力を得ない限り任意売却は成功しません。

 

抵当不動産の所有者は、債務者に対し債務全額を負担している立場の債務者や保証人である場合と、担保となっている物件についてのみ物的有限責任を有している立場の物上保証人や第三取得者である場合に区分して考えることができます。

 

これらを比較した時の違い

 

前者の場合は、任意売却の方が競売より債務の負担が軽減するので、特別の事情がない限り任意売却に協力してもらえることが考えられます。

 

一方で後者の場合は、債務全額の負担をしているわけではないので、抵当不動産を失うことについての利害関係はあるものの、被担保債権額が抵当不動産の価値を明らかに上回る際には物件の処分に関する関心が薄く、協力を求めにくいこともあります。

 

しかし競売を避けたいという考えを持っていることは多いので、協力を求める余地は十分にあります。