任意売却と競売 二つの売却の違い

任意売却と競売 二つの売却の違い

HOME >>  任意売却について > 任意売却で有利に交渉を

任意売却で有利に交渉を

住宅ローンの支払いができなくなると、住宅は競売にかけられてしまいます。

 

競売のデメリットは、相場よりも安い値段で売られてしまうことと、十分な準備が終わらない状態でも強制的に家を追い出されてしまうことです。

 

そうならないように、任意売却を選択して有利に交渉を進めなくてはいけません。任意売却とは、担保として本来売却する権利を持たない自宅を、住宅ローン残債の整理のために売却する手続きです。

 

家を売るという点では、競売と変わらないように見えますが、任意売却の方が有利に売却をすることができます。まず、競売と違い、普通の売却になるので、相場と変わらない値段で家を売ることができます。

 

競売の場合は、普通の売却と違い、買い手が家の中の様子を確認することができません。その為、相場よりも安い値段でしか売れません。

 

また、任意売却の場合は、強制的に家を追い出されるのではなく、十分に準備期間を置くことができます。引っ越しのための費用を債権者が補助してくれることもあります。