任意売却と競売 二つの売却の違い

任意売却と競売 二つの売却の違い

HOME >>  債務整理について > 債務整理は誰でも利用できるもの

債務整理は誰でも利用できるもの

債務整理は債務を抱えているものならば誰でも利用できるものです。誰でも利用できる、というのは文字通り自分に非のある状況で借金を抱えてしまった人に対しても適用できる事を意味します。

 

借金をするケースというのはどのような場合が考えられるでしょうか。例えば、事業を拡大させるために借金を抱えてしまう人もいますが、自分の学費や遊びに行くために使ってしまったお金もあります。

 

基本的に、借金というのは自分のために使うことで積み重なっていくものです。

 

目的は個人によって全く違いますが、借金が積み重なってしまう原因は自分がやってきたことに対する行為ですので、借金を抱えてしまっている人はそのほとんどが自身の非によって借金を抱えてしまったことになるわけです。

 

このような場合に債務整理を適用しないのならば、債務整理によって救済することができる債務者が激減してしまいます。だからこそ、債務整理の適用対象はものすごく広いのです。

 

債務で困っている方は、一度専門の法律家に債務整理の相談をするべきだと言えます。それだけで問題は解決できます。