任意売却と競売 二つの売却の違い

任意売却と競売 二つの売却の違い

HOME >>  任意売却について > 任意売却とローン残債

任意売却とローン残債

任意売却後に、ローンの残債はなくなると勘違いされている方がいます。残債は、なくなりません。また、任意売却は「ローンを残したまま物件を売る方法」と言われることがあります。これは、結果がそうであって正しくはありません。

 

例えば、ローン残高が2,000万円、物件を1,400万円で売れる場合、残った債務は600万円です。債務者が、任意売却に合意した場合、債権は保証会社や債権回収会社に移ります。そして、保証会社から元の債権者に残債が債務者に代わって支払われます。債務者は、保証会社や債権回収会社に残ったローンを支払い続けます。

 

しかし、今迄通りの支払い金額・方法でないことがほとんどです。なぜなら、今までどおりに払えるなら任意売却をする必要がないからです。払えるなら払っています。

 

そこで、残ったローンの圧縮(金額の引下げ)や金利の低減が行われ、無理のないローン計画に書き換えられます。

 

先ほどの「正しくない」というのはこの部分です。任意売却後は、それまでのローンの債権者も金額も変わりることがあるからです。